1.略歴と経歴 (2011年まで)

2.経歴、岡崎市のあゆみ (2012年以降) 3.内田やすひろインタビュー
生年月日 1952年(昭和27年)12月23日
出生地 愛知県岡崎市旧康生町
出身校 日本大学法学部政治経済学科
職歴 愛知県議会議員 (1987年4月30日~2012年9月11日、7期)
第11代岡崎市長 (2012年10月21日~現在、2期目)
内田 康宏 家族 妻、二男一女、犬一匹、猫3匹(雑種)、熱帯魚20匹
1952
(昭和27年)
 12月23日、愛知新聞社(注・東海愛知新聞社の前身)の社主であった内田喜久の長男として岡崎市旧康生町に誕生。
愛知新聞社
内田康宏
インディアナ大学
自民党政調会長安倍晋太郎先生と共に
県議会選挙初当選(1987年)
選挙戦(1991年4月6日)
第63回自民党大会
県議会議員選挙(1999年4月)
フィリップ・キース君(Phillip E. Keys)と再会
愛知県議会第86代議長に就任
県議会議員選挙(2007年4月)
1959
(昭和34年)
3月、愛隣幼稚園を卒園。
4月、岡崎市立連尺小学校に入学。
1962
(昭和37年)
ボーイスカウトに入団。当時は第9団に所属しました。
1965
(昭和40年)
4月、岡崎市立城北中学校に入学。
1968
(昭和43年)
 4月、愛知県立岡崎北高等学校に入学。高校時代は水泳部に所属しました。
1971
(昭和46年)
3月、愛知県立岡崎北高等学校を卒業。
4月、日本大学法学部に入学。
1975
(昭和50年)
3月、日本大学法学部政治経済学科を卒業。
6月24日、日本を出国。
9月、ニューヨーク大学に通い始めました。
1976
(昭和51年)
6月、インディアナ州立大学に入学し、政治学を専攻。
1978
(昭和53年)
8月30日、日本に帰国。
1979
(昭和54年)
5月、衆議院議員安倍晋太郎先生の秘書になりました。
1980
(昭和55年)
6月22日、第36回衆議院議員総選挙に出馬するも落選。
1982
(昭和57年)
12月11日、結婚。
1987
(昭和62年)
4月12日、愛知県議会議員選挙に出馬し初当選しました。
8月、欧州行政産業視察団に参加。主に北欧を視察。
1990
(平成2年)
4月20日、畜産議員連盟の一員としてソビエト連邦を視察。
1991
(平成3年
4月7日、県議会議員選挙において2期目の当選。
5月22日、青少年婦人対策委員長に就任。
1992
(平成4年)
5月21日、土木建築常任副委員長に就任。
1993
(平成5年)
 1月17日、アメリカ政府公式招待により、大統領就任式ならびに国際人物交流プロジェクトに日本代表として参加しました。
2月16日、訪米研修を終え日本に帰国。
5月20日、治安常任委員長に就任。
1994
(平成6年)
4月、愛知県議会の中南米行政産業視察に参加。
 10月、『多岐亡羊('93~'94)(東海愛知新聞社)を刊行。
自民党県連・青年議員連盟政調会長に就任。
1995
(平成7年)
4月9日、県議会議員選挙において3期目の当選。
自民党県連・青年議員連盟会長に就任。
自民党全国青年議員連盟副会長に就任。
1996
(平成8年)
自民党県連・青年局長に就任。
自民党本部・青年局次長に就任。
 10月30日、「県議会アジア行政産業視察団」の一員として渡航しました。インド、マレーシア、ベトナム等計8か国を視察。翌年、東海愛知新聞紙上にコラムを執筆。
1997
(平成9年)
県議団政務調査会長に就任。
 11月6日、自民党農政議員連盟の一員として上海へ渡航。翌年、東海愛知新聞紙上にコラムを執筆。
1998
(平成10年)
第63回自民党大会の議長を務めました。
5月22日、総務企画常任委員長に就任。
1999
(平成11年)
4月11日、県議会議員選挙において4期目の当選。
名古屋港管理組合議会の副議長に就任。
 10月下旬、中東地域の港湾都市を訪問、オイル輸送ルートを視察調査。翌年、東海愛知新聞紙上にコラムを執筆。
2000
(平成12年)
愛知県監査委員を務める。
自民党岡崎支部長に就任。
2001
(平成13年)
 7月30日、県議会からアメリカに派遣されました。IT政策やサンフランシスコ教育委員会その他を調査。帰国後、東海愛知新聞紙上にコラム(全14回)を執筆。
2002
(平成14年)
5月24日、行財政改革・地方分権調査特別委員長に就任。
2003
(平成15年)
4月13日、県議会議員選挙において5期目の当選。
11月28日、愛知県議会第95代副議長に就任。
2004
(平成16年)
保育議員連盟会長に就任。
2005
(平成17年)
自民党県連・政務調査会長に就任。
2006
(平成18年)
5月26日、愛知県議会第86代議長に就任。
全国都道府県議会議長会の副会長に就任。
2007
(平成19年)
4月8日、県議会議員選挙において6期目の当選。
11月、県議団団長としてパプアニューギニアを訪問。
オイスカ・ラバウルの会会長に就任。
食品衛生議員連盟会長に就任。
2008
(平成20年)
 8月、県議団副団長としてブラジル(クリチバ、サンパウロ、イグアス)を訪問。
2011
(平成23年)
4月10日、県議会議員選挙において7期目の当選。
5月23日、行財政改革・道州制調査特別委員長に就任。
山村振興議員連盟副会長に就任。

2012年(平成24年)以降の経歴

内田康宏のホームページ